C56形式 C56は比較的距離の長いローカル線向きにC12形式を基本にテンダーを取り付けた小型テンダー機である。バック運転も考慮し、視界保全のため、テンダーの上半分を
斜めに切り取った異色の機関車である。決まった路線に数量づつ配置された。特に小海線での活躍は有名で「高原のポニー」という愛称で親しまれた。


観たいナンバーをクリックしてください!



●C5691  ●C56111  ●C56123  ●C56124  ●C56125  ●C56126  ●C56130  ●C56131  ●C56135  ●C56159  ●C56160 ●C56160(HO








個人的C56への思い出・・・私が蒸機に目覚めた頃、有名な小海線C56はディーゼル化目前であり、既に協調運転も始まっていた。というか、とても小海線までは遠すぎて行けなかった。
本州では他に、能登半島の七尾線、島根県の江川沿いを走る三江北線にC56を見る事が出来た。京都在住の私は親に無理を言って(高校生になったらバイトで返すからとか言って)
旅費をねだり受験勉強もせずに七尾線にC56を求めて夜行列車に乗り出かけた。 そこで初めて見たC56には大感動!!そのときの光景は数十年経った今でもはっきり残っている。
七尾線のC56は高原のポニーという感じはしなかったが、ローカル色強い日本的な景色の中を走る姿は別の意味で、やっぱりポニーでした。能登のC56は赤いナンバーが印象的だった。



トップページへ戻る

newpage78.htmlへのリンク

newpage80.htmlへのリンク

newpage83.htmlへのリンク