C11形式  C11はC10形式の改良型であり、戦時貨物輸送の支線区に多く投入された。381輌が量産されている。コンパクト設計のタンク機関車としての性能の評価は高く、国鉄終焉の頃でも
比較的多く現役で残っていた。昨今の復活蒸機に於いてもファンの人気は大変高い。



ナンバーをクリックしてください!

●C1141 ●C1164 ●C11165 ●C11199   ●C11200  ●C11207  ●C11254  ●C11261  ●C11311






個人的C11への思い出・・・私がC11を初めて見たのは、今は無き山陰の支線・倉吉線だった。米子機関区のC11が混合列車を牽いていた。京都から夜行列車に乗って倉吉まで。
駅の片隅にコンパクトな車庫と給水塔があり、C11が出番を待っていた。訪れた時はあいにくの曇り空だったが、弱いコントラストが自然のウェザリングを施されたボディーの色合いを
強調し、小ささを感じさせない迫力を醸し出していた・・ように思う。倉吉線のC11は働いている感のウェザリング。会津のC11はランボードの白線も綺麗で磨かれた感があった。



トップページへ戻る

newpage72.htmlへのリンク

newpage73.htmlへのリンク

newpage74.htmlへのリンク

newpage75.htmlへのリンク