C622号機

   ●あまりにも有名な機関車。東海道本線等で活躍。晩年は北海道:小樽築港機関区のスター。デフレクターに付けられた「スワローエンゼル」がら人気を博し、急行「ニセコ」牽引
    後に梅小路(京都鉄道博物館)にて動態保存。


●モデルは小樽築港時代と現在の梅小路仕様を2種、作り分けて製作しました。 先ずは小樽築港時代から。

                 ●簡単なモジュールに乗せて撮影しました。モデルはワールド工芸C62北海道仕様を組み立てました。煙室戸はやえもんデザイン製のものを使用。配管等はエッチング仕様のものを一部、真鍮丸線に交換。ナンバープレートもやえもんデザイン製のものに交換してあります。

●こちらは3号機とのツーショット。同じC62でも微妙に配管やナンバープレートの位置が違う。元モデルはどちらもワールド工芸のキットを組み立てたものだが、3号機は初期の東海道型を改造。2号機は2号機Ⅱキットを改造。ディテールアップを施したもの。

2013・5月製作

  


  


  


  


   ●C62はやはり精悍で恰好良いですね。



次は梅小路保存機仕様です。

●モデルはKATOC622号機北海道仕様です。せっかく北海道仕様になっているのにもかかわらず、梅小路保存機仕様にしてしまいました。煙室戸ハンドルはモールドを削って、タヴァサ製に交換。あとはちまちまとディテールアップを行っています。基本モデルがしっかりしているので、交換パーツは少なめ。ボイラー上部のATS発電機周りのモールドが気になったので削り取り、真鍮線で作り直し。後はテールライト等(銀河モデル製を追加したぐらいです。)
●非公式側。元製品がプラスティック製なのでやはり何となくワールド製品とは質感の違いが出てしまいますが、ここまでの完成度であれば充分だと思います。

2012年12月製作


  

  

  

  梅小路スタイルに改造されていますが、実機は北海道型の面影を多く残しています。現在、梅小路機関車館改め、京都鉄道博物館となっていますが、このC622号機は館内に於いて大活躍をしています。


●製作途中写真


 ●改造中は製作に夢中になるあまり写真撮影を忘れてしまいがちです・・



C622号機の実車写真。 梅小路保存直後、東海道本線「白鷺号」1972年頃撮影(京都~向日町)。 右は梅小路蒸気機関車にて撮影




前のページへ戻る      トップページへ戻る